本文へ

相続について

相続の手続き

相続手続きは、不動産などの名義変更から各種届出、相続税の申告など多岐にわたります。その中には期間が定められているものもあり、その期間に手続きをしなかったために取り返しがつかなくなることもあります。また相続放棄等、ちょっとの勘違いが大きな問題になることもあります。法務知識を持った司法書士など専門家に依頼、相談した上で手続きを進めることをお勧めします。気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

相続相手に必要な確認事項

  • 誰が相続人なのか?
  • 財産がどれだけあるのか?
  • 財産をどのように分けるか?
  • 申告・納税義務は発生するのか?

相続相手に必要な手続き

  1. 相続人の調査・確定
  2. 相続関係説明図の作成
  3. 財産の評価
    相続財産を決める為に、評価証明書を見たり、路線価を調べたりして詳細な財産評価額を算定する必要があります。
  4. 被相続人の出生から死亡までの戸籍収集
    相続人となった人(法定相続人)全員の戸籍を集める必要があります。
  5. 遺産分割協議及び遺産分割協議書の作成
  6. 相続税の申告
    提携の税理士が行います

上記の様な必要な手続きを行うためには、非常に時間と労力が必要となります。

相続手続きには専門家が必要です

そのため、相続手続きには法務知識を持った司法書士などの専門家に依頼し、みなさまのご意思に沿って、複雑な手続きを代行してもらう必要が生じます。 渡邊司法書士事務所は、法律や税務の専門業務とご遺族の間に立つ「まとめ役」として、遺産相続、相続財産の名義書換、遺産分割協議書の作成などをサポートします。 また、渡邊司法書士事務所では、全ての相続手続を一括して行えるように、各分野の専門家が協力パートナーして弁護士、税理士、土地家屋調査士、不動産鑑定士が必要に応じて相続にかかわる手続を担当いたします。 お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

  • 将来のために、生前贈与の相談がしたい
  • 登記・供託など、いろいろ相談したい

042-505-4592

無料電話相談
9:00〜19:00(土日祝日 要相談)